【幸せな人生】結局、人間は100%「自分のため」にしか生きられません!

こんにちは、カオリンです。

今回は、『人間は100%「自分のため」にしか生きられない』というお話です。

このお話を動画でご覧になりたい方は、こちらからどうぞ(YouTube)。

 

「誰かのために」生きるのは、エネルギーを目減りさせていく

私たちは100%「自分のため」にしか生きられません

100%です。

 

家族のためだけに、パートナーのためだけに生きている。

そういった方は、与えるごとに100%ある自分のエネルギーから目減りさせていく人が多いです。

決して「与える」のが悪いわけではありません。

でも、自分のエネルギーを切り売り−まるでアンパンマンのように−していると、一体どうなるでしょうか?

その先に待っているのは、

枯渇、破綻。

最終的には急に動けなくなったり、「うつ」になったりしてしまいます。

 

だから、切り売りだけしていてはダメなんです。

人間は、自分のためにしかエネルギーを使えません。

 

誰かのためだけに生きてきた人は、ついに強制終了して、ようやく自分のエネルギーを満たし始めます。

枯渇したままでは生きていけません。

だから強制終了して、エネルギーを溜める作業に移行します。

 

Aさん
どうしてもその過程を経ないと、自分のことに目を向けないものなのでしょうか?

すべて「自分のため」と思えば、それは「喜び」になる

ここで「発想の転換」をしてみてください。

家族のため、パートナーのために動く。

でもそれは結局、何のために?

「自分のため」と考えてみましょう。

自分の喜びのためなんです。

(誰かのためにやった)結果、自分の喜びのためにやっていることだから、エネルギーを減らさずに済みます。

むしろ「自分がしたいから、やっているんです!」という人は、やればやるだけ満たされていきます

同じ行動を続けていても自分自身の考え方、気の持ち方次第で、結果がまったく変わります。

 

「与えるだけ」ではダメ。

「すべて自分のためにしか動けないのが人間だ」と知らなければ、自分のエネルギーを目減りさせていくだけで終わってしまいます。

誰かのために尽くし続けて、消耗しているのは、とくに40〜60歳代の女性の話から聞かれます。

皆さん、本当に心根のやさしい素敵な方ばかり。

そういった方が、家族のため、パートナーのためだけに生きてしまって倒れてしまうのは心苦しいです。

Aさん

自分を優先する=悪だと、まわりからも刷り込まれてきました。

「家族のためにやることが良きことで、家事をしている自分は立派。褒められる対象だ」と思えば、その場では気持ちを保てるけれど、そう思い込むことでエネルギーを減らしているから、病気やうつになってしまうんですね

 

まずは、「結果、自分のために、自分の喜びになるんだ」と思っていただきたいですね。

そう「思う」だけでも結構です。

ひとまず、「誰かのためにやることも自分のためだ、自分の喜びだ」と思うだけで全然違いますよ。

コミュニケーションを深める「オンラインサロン」を運営中!

毎朝カオリンからの音声メッセージが届いたり、シークレットライブに参加できたりするオンラインサロンです。

詳細はこちらの画像をクリックしてご確認ください。

 

最新情報をチェックしよう!
>アロマスピリットコール

アロマスピリットコール

自分とつながり、命あるすべての存在とつながる、“究極のコミュニケーション”を学ぶ場