アイキャッチ

努力はすこし見せたほうがいい

  • 2020年9月20日
  • 2020年9月19日
  • 未分類
アイキャッチ

このお話を動画でご覧になりたい方は、こちら(YouTube)からどうぞ。

https://youtu.be/g4sysYi-aew

こんにちは、カオリンです。

今回は、『努力はすこし見せたほうがいい』というお話です。

 “努力は陰でするもの”は本当?

努力はすこし見せたほうがいい

この言葉は、宝塚歌劇団のトップスター、大地真央さんの言葉

当時、娘役として活躍しはじめた黒木 瞳さんに向けたものなんです。

黒木瞳さんは、宝塚歌劇団に入って1年目からいきなり娘役に抜擢された逸材。

だから、ねたみを買ったり、誤解されたりもしたでしょう。

そんなときに大地さんから、黒木さんへこの言葉をかけられたそうです。

 

この言葉は深いなと思います。

“努力していたら、ひとはちゃんと見ていてくれる”と言われますが、実情は、わかってもらえないことも多いです。

だから、すこしだけ努力を見せるのが大事なんですよね。

 

以前、こんなご相談を受けました。

22歳の女性で、大学を卒業して保険会社に入社しました。

保険会社なので、ノルマがあります。

彼女は、毎月きちんとノルマを達成していったそうです。

 

本当は必死で努力してノルマをこなしていたのですが、

その努力を態度に見せないタイプ。

陰で努力するタイプだったんですね。

 

まわりからは、淡々とこなしているように見られていたのでしょう。

だんだんとノルマがきつくなっていったそうです。

 

それでも彼女は、ますます努力してそれを乗り越えようとしました。

だけど、“もう無理”となってわたしのところに相談に来られたんです。

 

ひとの見ていないところで努力するひともいますが、誤解されてしまうことが少なくありません。

ものすごくがんばっているのに、まわりからは平然とこなしているように見えてしまうんですね。

だから、すこし努力を見せることで、自分も楽になるし、まわりからも理解してもらえます。

努力の見せ方

ただ、今までまったく努力を見せてこなかったひとに対して、「努力を見せろ」といっても、そのやり方がわからないでしょう。

そんなときは、こんな方法がおすすめです↓

  • 休憩中に、デスクで仕事の本を読む
  • 休日でいった研修のことを同僚に話す
  • 苦しいことがあれば同僚に話す

ささいなことで結構です。すこしだけ、あなたの努力をまわりに見せてあげましょう。

“いま、こんな練習をしています”

“こんなこと練習中です”

といった話をしてみるのもいいです。

 

もともと、わたしも寝食を惜しんで仕事に没頭するタイプでした。

そのころ職場では、わたしの負担を減らすように人を増やす話もあったのですが、うまく言えなかったんですね。

 

だけど、ついにわたしもいっぱいいっぱいになってしまいました。

本当につらくて、事務局長の前でボロボロに涙が流れたんです。

 

そのとき、事務局長は言いました。

“そんなにまであなたがつらい思いをしているとは、これっぽっちも思わなかった。

早く言ってくれたらよかったのに”って。

 

今になれば、本当にそのとおりだなと思います。

必死でがんばっているのを声にも顔にも出せなかったんですね。

 

あなたも、そんな状況になっていませんか?

だけど、がんばり過ぎているのをまわりから理解されない結果、カラダを壊してしまったら元も子もありません。

あなたががんばっていること、そして苦しいときはその思いを打ち明けてみてください。

 

同僚から理解されて働いたほうが、きっとハッピーになれます。

職場の人間関係もよくなりますよ。

アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
>アロマスピリットコール

アロマスピリットコール

自分とつながり、命あるすべての存在とつながる、“究極のコミュニケーション”を学ぶ場