アイキャッチ

ビートルズに学ぶ「個性を生かす」道

  • 2020年8月10日
  • 2020年8月10日
  • 未分類
アイキャッチ

こんにちは、カオリンです。

今回は、『個性を生かす』というお話です。

*このお話を音声でお聞きになりたい方はこちら(音声配信SPOON)からどうぞ。

「プレスリー」になれなかったビートルズ

先日、福山雅治さんのラジオでこんなお話を聞きました。

世界的ロックバンド「ビートルズ」が活躍するようになったいきさつ。

ビートルズのメンバー(たぶん、リンゴ・スター?)がインタビューで語った、こんな内容が紹介されていました。

本当はプレスリー*に憧れていたんだ。

プレスリーみたいになりたかった。

でも完璧になれなかったから、「ビートルズ」になったんだ”

*エルビス・プレスリー:“キング・オブ・ロックンロール”と称される、米国のロックンロールの創始者の一人。

 

これはすごく深い話だなと思いました。

本当はプレスリーみたいになりたかったけど、完璧にそれをやれる技術がなかった。

だからこそ、自分たちの個性を生かすしかなかった。

そして、個性を生かしきったら「ビートルズ」として大成できた。

「ビートルズ」として全力でやり続けたからこそ、今でも語り継がれるようなバンドになったというわけです。

わたしたちも自分の個性を生かしきるしかない

わたしたちも同じです。

“あんなふうになりたい”という憧れをいだいて、誰かの背中を追いかけていませんか?

 

でも人にはそれぞれ個性、特性があります。

だから、まったく同じ人にはなれないんです。

 

ートルズが自分たちの個性を選択して、その道を歩み続けたように、わたしたちも個性を生かす道を選んでいきませんか。

 

2020年、人間が本来あるべき姿に還る年。

魂とつながって生きるべきときが来ています。

 

“まわりからこう見られるだろうな”とか、“〜すべきだ”といった体裁や外からの情報をベースにしていてはうまくいかない時流になっています。

さあ、あなたの個性を生かして、生かして、生かしきりましょう!

 

かく言うわたしも、“自分のできることをやろう”と思えるようになったのはつい最近です。

それまでは、人が薦めることを鵜呑みにしてやったり、といった頭で考えた打算(“こうやったら上手くいくんじゃないか?”)で動いたりしていました。

でも結局、それじゃうまくいかなくて、“自分のできることをやる”と落ち着いたんです。

得意なことを磨き続ける生き方

自分の個性、いいところをどんどん、どんどん伸ばしていく。

それが1番いい形です。

 

マイナスな部分をプラスに変えようとか、欠点をどうにかしようとか思ってやるのは苦しい。そして終わりがない。

だからわたしは、ひたすら自分の得意なところをさらに伸ばそうと努めています。

 

ぜひ、あなたも自分の特性、個性をしっかりと認識して、それを伸ばしていきましょう。

そしてあなただけの充実した人生を確立しましょう。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

では、本日もすばらしい一日をお過ごしください🍀

アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
>アロマスピリットコール

アロマスピリットコール

自分とつながり、命あるすべての存在とつながる、“究極のコミュニケーション”を学ぶ場