もう「忙しい」「時間がない」と思わない、集中法・スキマ時間の使い方

こんにちは、カオリンです。

今回は『時間の使い方』についてのお話。

普段から「忙しい」「時間がない」と思っている方に、ぜひ読んでいただきたい内容です。

*このお話を音声でお聞きになりたい方は、こちら(音声配信SPOON)からどうぞ。

予定ギッシリでも、「暇だ」と感じる時間の使い方

Free-PhotosによるPixabayからの画像

わたしのスケジュールをみると、朝から晩までほとんど何かしらの予定が入っていて「忙しい」人の部類に入ると思います。

講座のために朝早く家を出たり、夜中まで作業していることも少なくありません。

ただ“感覚的”には、全然忙しいとは感じていないんです。

むしろ「暇だな」と思えるくらいです。

今回はこうした、予定が詰まっていても「忙しいと感じさせない」時間の使い方や、意識づけについてお話しいたします。

目の前のことに徹底的に集中する

予定がぎっしり詰まっているのに、どうして「暇だ」と感じられるのか ?

それは、「今やっていることに、徹底的に集中している」からです。

音声収録のときは、音声のことだけを。

YouTube撮影のときは、YouTubeのことだけを。

講座で話すときは、講座のことだけを。

 

今やっている作業に徹底的に集中しています。

その他の余計なことを考えながら行動することはありません。

 

このように“今やっていることに徹底的に集中して”行動していると、思考が混乱することはありません。

多くの人が陥りがちな「忙しさ」の原因と対策

「いつも忙しいな」と感じている人は、“思考が忙しい”訳です

物理的に時間に追われているわけではないんです。

頭の中が煩雑になっているから、忙しさを感じてしまいます

 

その対策には、頭の中を“断捨離”してスッキリさせましょう!

なぜ、ほとんどの方が断捨離ができないかというと、あれこれ頭で考えてしまっているのが原因。

脳に一斉に負担をかけてしまって、結局行動できなくなってしまいます。

 

なるだけ頭を使わないで済むような工夫をしましょう。

例えば、スケジュール帳を使う、メモに残す、一日のやることを書き出すなど‥

このようにスケジュールを頭で考えないようにすることで、今やっている目の前のことだけに集中することができます。

ネガティブ思考にならない、「スキマ時間」の使い方

時間を上手に使うには、「スキマ時間」への意識も大事。

移動時間や、次の予定までのちょっとした空き情報など、実はスキマ時間こそ“魔の時間”です。

えっ!?と思われたでしょか。

人間の思考は、暇な時間ができると落ち込むようにできています。

なぜなら、思考も「重力」と一緒だから。

気を抜いていると、思考も知らずしらずネガティブなほうへ落ちていきます。

 

ですからネガティブな感情に陥らないようにするには、予めスキマ時間をどうやって使うのかを決めて、習慣づけておく必要があります。

わたしの例では、「これから事業をどうやって展開していけばいいかな」「いま、仲間がどうしているかな」と前向きになれることを考えるようにしています。

また、感情をフラットに保つために、お花や木々、風を感じたりしていることもあります。

“スキマ時間は自分に有効に、フラットな状態でいられるように使う”と決めておく

これを決めておかないと、容易に「魔の時間」になってしまいます。

手を焼かせる子どものこと、旦那のこと…

ついついマイナスのことを考えていませんか?

 

思考の重力に打ち勝ちましょう!

いつもいい気分でいる、感情のいい状態でいると決める。

そのための時間の使い方をすると決めるのがとっても大事です。

まとめ

予定が詰まっていても、「忙しい、忙しい」と振り回されないための時間の使い方をご紹介しました。

ポイントは次の2つです。

1つのことに集中する

目の前のことに集中できるように、スケジュールは紙に書いたり、携帯電話のメモに残したりする。

そうして頭でゴチャゴチャ考えないようにする。

スキマ時間の使い方を決める

スキマ時間は、自分がいい状態でいられる、フラットな状態でいられることに使うと決めておく。

 

 

では、今日も素晴らしい一日をお過ごしください🍀

コミュニケーションを深める「オンラインサロン」を運営中!

毎朝カオリンからの音声メッセージが届いたり、シークレットライブに参加できたりするオンラインサロンです。

詳細はこちらの画像をクリックしてご確認ください。

最新情報をチェックしよう!
>アロマスピリットコール

アロマスピリットコール

自分とつながり、命あるすべての存在とつながる、“究極のコミュニケーション”を学ぶ場