何気ないことに感動できるってすばらしい【見返りを求めない生き方】

こんにちは、カオリンです。

さて

今日は『何気ないことに感動できるってすばらしい』というお話です。

*このお話を音声でお聞きになりたい方はこちら(音声配信SPOON)からどうぞ。

日常のちょっとしたことに感動できる

これはわたしの元夫のこと。

元夫が「何でも感動できる人」だったんですね。

本当に心根が優しくて、すばらしい人でした。

 

わたしは当時、仕事をものすごくがんばっていて、なかなか家事をできませんでした。

晩ごはんには出来合いのお惣菜を買ってきます。

そこで彼はこう言うんです。

ありがとう!今日も買ってきてくれたの!

さらに、食べるのに温めて準備すると、

温めてくれたの!ありがとう!

って、また言うんですよ。

(わたしもびっくりして感動!)

 

しかも、それが1回ではありません。

毎回毎回、毎日毎日感動して、わたしに伝えてくれるんです。

(それにわたしも感動!)

 

家庭でそんな様子なので、もちろん外でもやっています。

職場の人や両親に対しても。

だから本当に、みんなから愛される人でした

見返りを一切求めないあり方

彼のあり方でもっとすごいのが、自分のやったことに対して一切見返りを求めなかったところです。

与えて、与えて、与えきる。

 

わたしが出かけるときには送ってくれたり、誕生日のためにお金を貯めてプレゼントしてくれたり。

また二人が生活しやすいように、いつもリビングのレイアウトを工夫してくれてもいました。

そんなことを、見返りを考えずに行動できる人だったんです。

 

日常の中で感動することや、相手に見返りを求めずに行動すること。

人としての「あり方」を示してくれたのが、元夫だったんです。

わたしは結婚していた12年間、とくにいろんなセミナーに行ったわけではありませんが、彼の存在から人としての「あり方」を学びました。

仕事がうまくいくのも、「与える」ことから

わたしは長年赤十字病院で働いていて、“人としてのあり方が仕事に現れる”なと実感しています。

先に自分の利益を確かめてからやるのではうまくいきません。

相手に見返りを求めると、不満やぶつかり合いが起こります。

しかも一旦要求しだすと、次第に大きくなり、際限なくなってしまいます。

 

与えて、与えて、やりきったとき、その結果としてとても大きなものが返ってくるんです!

これは日常生活も仕事も同じ。

まずは「与える」ことから始まります。

 

人間、「有り難さ」を忘れがちです。

はじめは感謝しても、すぐに「当たり前」だと思ってしまいます。

でも、「有り難さ」がないと感動できないんです。

 

日々のちょっとしたことに感動する、

感謝の言葉を伝える、

見返りを求めず、相手のために120%働く

そんな人になっていけたら、素敵ではありませんか。

 

『何気ないことに感動できるってすばらしい』というお話でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

では今日もすばらしい一日をお過ごしください🍀

コミュニケーションを深める「オンラインサロン」を運営中!

毎朝カオリンからの音声メッセージが届いたり、シークレットライブに参加できたりするオンラインサロンです。

詳細はこちらの画像をクリックしてご確認ください。

最新情報をチェックしよう!
>アロマスピリットコール

アロマスピリットコール

自分とつながり、命あるすべての存在とつながる、“究極のコミュニケーション”を学ぶ場