アイキャッチ

子どもの深層心理〜おねしょの原因はさみしさ!?〜

アイキャッチ

*このお話を動画でご覧になりたい方はこちら(YouTube)からどうぞ↓

こんにちは、

カオリンです。

今日は「子どもとのコミュニケーション」についてお話しします。

子どもの深層心理

子どもとの関係に悩むお父さんお母さんたちって多いです。

わたしはアロマスピリットコールを通じて、ご家族の悩みを解決していきたいと願っています。

先日もわたしが主宰する「アロマ茶話会」で、子どもとのコミュニケーションについての悩みがたくさん聞かれました。

 

Aさんというお孫さん(小学校1年生)と一緒に参加してくださっていた女性からのご相談。

数日前からお孫さんのひたいが盛り上がってきたそうです。

これは何かおかしいと思って、急遽この茶話会にご参加されました。

秋休みの間、お孫さんを預かっていたAさん。

そのとき、その子の両親よりも自分のほうが、その子との縁が深いんじゃないかと感じたそうです。

そこでわたしは、スピリットコールでお孫さんの深い思いを聞いてみました。

そこで聞かれたのは、

“ばあばに話を聞いてほしい”

“ばあばに甘えたい”

という必死の願いでした。

ご両親のことは、“話を聞いてもらうという対象じゃない”と言うんです。

そのことをAさんにお伝えしたところ、

“ものすごくよくわかる。

両親の前ではおとなしくしているその子が、

自分の前ではたくさん思いを話してくれる”と。

ただ、そうわかっていながら、一方ではこうも思っていました。

“話を聞いてあげる、甘えさせてあげるのも両親の仕事で、自分の出る幕じゃない”と。

今回のスピリットコールを聞いて、やっぱり自分とそのお孫さんとの縁の深さを感じたそうです。

そう理解したら、そのお孫さんもうれしそうにAさんのもとに寄ってきていましたね。

おねしょの原因はさみしさ!?

Bさんからのご相談は、おねしょが続く男の子のこと。

そのおねしょがちょっと気になっていたそうです。

自分が寂しい思いをさせているせいじゃないかなと。

そこでわたしは、男の子の声をスピリットコールで聞いてみました。

そしたら、やっぱり、

“お母さんに話を聞いてほしい。

ぼくが話しかけても、お母さんは知らないふりをしてる。

さみしい!”

と訴えていました。

それを聞いたBさんはハッと気づかれました。

“話を聞いているつもりだったけど、パソコンを使ったり、スマホを見たりしながらだった。

それで子どもに寂しい思いをさせてしまっていたせいなんだな”と。

もっと気にかけてあげよう、話を聞いてあげようと思い直されました。

その男の子がまたいけています。

“ぼくはお母さんを守るために生まれてきたんだ。

ぼくがお母さんを守る”

って言うんですよ。

そんな声を聞くと、わたしも涙が止まらなくなります。

“ぼくはお父さん、お母さんを守るために生まれてきたんだ!”という子どもたちってすごく多いんです。

子どもの胸の奥底の思いをお届けできたら嬉しいです。

では今日もすばらしい一日をお過ごしください🍀

アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
>アロマスピリットコール

アロマスピリットコール

自分とつながり、命あるすべての存在とつながる、“究極のコミュニケーション”を学ぶ場