アイキャッチ

人生に迷ったとに大事な、自分自身とのコミュニケーション

アイキャッチ

*このお話を動画でお聞きになりたい方はこちら(YouTube)からどうぞ。

こんにちは、カオリンです。

今回は、『人生に迷ったときの自分自身とのコミュニケーション』というお話しです。

自分が本来あるべき姿にかえる年

この2020年、対人関係や仕事のトラブルに見舞われている方が多いようです。

それは、自分自身が本来あるべき姿にかえる年、転換期にあるから。

わたしもたくさんの相談を受けています。

 

このタイミングで解決に必要なのは、

“本当は、自分はどうしたいのか?”

“自分がどう生きていきたいのか?”

内なる声をちゃんと聴くことです。

そのための、「自分とのコミュニケーション」

本当の声はどこにあるのか?

では、自分自身の本当の声はどこにあるのでしょうか?

それは、「アタマ」ではありません。

「感情」でもありません。

もっと深くです。

 

おへその下3センチにある、「丹田」

あなたの「魂」です。

 

魂にこそ、自分がどう生きていきたいのかの答があります。

その答に自分自身で気づかなければ、前に進むことはできません。

なので、自分自身とのコミュニケーションがとっても大事!

自分をみつめる時間をとる

わたしも自分自身と丁寧にコミュニケーションをとるのを大事にしています。

例えば、できるかぎり時間をとって、自然のなかにいったり、神社にお詣りしたりしています。

そこで、自分自身をみつめなおす。

内面の深いところに想いを聞きにいくんです。

 

先日も真名井神社(京都府宮津市)に行って、1時間ほど深めていました。

そこで、

“いま自分がどう感じているのか”

“これからどうしていきたいのか”

自分の魂に聞きにいき、そして答を出してきました。

魂の声を聴く方法

従来のコミュニケーションでは、アタマでしっかりと考えたり、感情に従ったりといったことを指導されてきたかもしれません。

でも、それでは限界があるんです。

アタマは、これまでの経験にたよって対処法を考える。

感情は、流れるままに任せてしまう。

あなたが本当にどうしたいのか、その答はアタマや感情にはありません。

 

その答は、「魂」にこそあるんです!

では、どうすれば自分の魂の声を聞けるでしょうか?

 

深くふかく胸の奥底に聴きにいきましょう。

 

ポイントは「呼吸」にあります。

現代人の多くは、呼吸が浅いので、胸の浅いところからしか自分の思いをはき出せません。

まずは大きく、ゆっくりと呼吸をしましょう。

そして「横隔膜」のあたりから声を発せられるようにします。

 

そこで自分に問いかけます。

「何をイヤに感じているのかな?」

「どうしてイヤなのかな?」

そんな質問に一つひとつ、深呼吸しながら、自分の思いに近づいていきましょう。

「腑に落ちる」のが大事

自分の魂に深く聴けたときには、

まさしく「腑に落ちる」

 

“あー!そういうことだったのか!”と。

わたしはセッションの際には、クライアントさんの声を聴くこともあれば、ご本人が自分で気づかれることもあります。

 

先日も滋賀でアロマスピリットコール ライブをしたときのこと。

“仕事を探している”という女性が相談にこられました。

その方の魂の声はこういっていました。

“仕事の内容は何でもいいよ”

それをご本人にお伝えしたところ

“あーよかった!

その答が聞きたかったー!”

とすごく腑に落ちていました。

 

腑に落ちたときの目安は、「納得定着音」が出ます。

セッションでは、納得定着音が出るまで聞きにいくんです。

 

人生を前に進むための答は魂にあります。

ですので、人生に迷ったときは、頭で考えてもだめ。

感情に従ってもだめ。

 

魂に聞きましょう!

すると必ず、前進する答が出てきますよ。

アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
>アロマスピリットコール

アロマスピリットコール

自分とつながり、命あるすべての存在とつながる、“究極のコミュニケーション”を学ぶ場