アイキャッチ

信念体系は今までの経験、教育によって作られている〜お金のメンタルブロックを外しましょう〜

  • 2020年8月26日
  • 2020年8月26日
  • 未分類
アイキャッチ

*このお話を音声でお聞きになりたい方はこちら(音声配信SPOON)からどうぞ。

おはようございます、

カオリンです。

今回は、『信念体系は今までの教育・経験で作られる』というテーマでお話しいたします。

 

岡山でのアロマ道場をしていて、「お金の信念体系」の話題になりました。

「お金の信念体系」はわかりやすいです。

今まで受けてきた教育・経験によって現在のあなたのお金の入り方や稼ぎ方、使い方がすごく影響を受けています。

 

わたしも身をもって体験してきました。

わたし自身の経験をお話しすると、

小学校の高学年からこんなふうにお小遣いをもらっていました。

学校である「小テスト」の結果に応じて、

70点をとったら700円

80点をとったら800円

90点をとったら900円

100点とったら1000円

もらっていたんです。

 

めちゃくちゃ要領のよかったわたしですので、70点を切ることはまずありません。

なので、“小テストがあったら儲かる!”と思って、小テストが嬉しくてしょうがなかったんです笑

今になって思う、うちの親のいいところは

“まったく努力しないのはだめ。

ちょっとの努力がお金を生む”

と教えてくれたことです。

だから、”苦しんだ末にお金が入ってくる”、“ものすごく頑張った結果、お金が手に入る”という考えはないんです。

 

今回のアロマ道場でも、参加者のみなさんが、今まで受けてきた教育や経験が、いまのお金の稼ぎ方や使い方に現れていること。

そして自分の子どもにも同じようにしていることに納得されていました。

 

「斎藤一人さん」も同じく、信念体系についてこうお話しされていました。

一人さんが育った家は、“ものすごく頑張らないとお金が入らない”というところではなかったそうです。

ふとしたときに一万円もらえたりする。

そんな家で育った一人さんには、“何もなくてもお金はもらえる”という信念体系ができたそうなんです。

 

信念体系は、お金に限った話ではありません。

仕事、勉強、スポーツ、家事…

人生のあらゆるカテゴリーにおいて過去の教育や経験にもとづいいます。

そのことに気づかないと、無自覚のうちにリピートの行動になります。

自分にできあがっている信念体系に気づいて、いいように書き換えていきましょう。

そうするとさらに、「真の自分」に気づき、自分らしく生き方を変えていけます!

 

まずは、あなたの「お金の信念体系」についてふり返ってみてください。

小さい頃からお金について、どんなふうに言い聞かされてきたか?

どうやってお金をもらっていたか?

どうやって稼いできたか?

今のお金の手に入り方はどうか?

まずは自分の信念体系に気づくことで、マインドブロックも外れやすいですね。

 

マインドブロックといえば、「お金の使い方」にも影響があらわれます。

またわたしの例でいえば、親はお金の使い方もちょっと変わっていたんでしょうね。

高校生のとき、母親と初めて韓国に旅行したときのこと。

韓国ってファッションが斬新で、好きなお洋服がたくさん売ってあるんです。

そのとき母親がなんと言ったか!

“韓国はめったに来られないよ。

今日買わずにいて、来週になって欲しくなっても、もう買えないよ。

だから、欲しいものがあったら、すべて買いなさい!”

 

初の海外旅行でそんなふうに言われたので、

わたしのなかでは、“海外にいったら、好きなもの欲しいものはすべて買う”という信念体系ができあがったんですね。

 

このお話をすることで、あなたの信念体系が変わるきっかけになればうれしいです。

 

以上、『今までの経験・教育が信念体系』をつくっているというお話でした。

今日もすばらしい一日をお過ごしください🍀

アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
>アロマスピリットコール

アロマスピリットコール

自分とつながり、命あるすべての存在とつながる、“究極のコミュニケーション”を学ぶ場