「魂の輝きを信じる」、それが人間本来の生き方

こんにちは、カオリンです。

今日は『魂の輝きを信じる』というテーマでお話しいたします。

*このお話を音声でお聞きになりたいかたはこちら(音声配信SPOON)からどうぞ。

どんな人でも魂は輝いている

生きていれば、人間関係の摩擦やトラブルにあうことがありますよね。

そんなとき、人を信じられなくなったり、悪口を言いたくなったりする。

それは人間誰しもあることだなと思います。

でもわたしはー極端な話ですがー、どんな犯罪者であれ、どんなミスを犯した人であっても「魂は輝いている」と信じています

それを信じ続けています。

アロマ道場での修行も同じ

アロマ道場におきかえて言えば、進化するために、自分の中身をすべてを吐き出さなくてはいけません。

ネガティブな想い、過去の執着やトラウマが潜在意識のところに詰まっているので。

 

多くの人は、「自分というフィルター」を通して世界を見ています。

そして、ものごとの良し悪しーこれは良い、イヤだ、嫌いーを判断してしまうんです。

 

だけどアロマ道場では、進化のために吐き出さなくてはいけない。

ここでしか言えないこともあります。

 

そうやって自分の中身を吐き出す人の、魂の輝きだけを見続けてほしいんです!

本来の魂はもっとクリアで、輝きに満ちている!

そう信じて、その過程を見守ってほしい。

 

誰しも黒いものやネガティブなところをもっています。

だけどそれを進化のためと思って、見守りましょう。

一緒に進化を見届けましょう。

 

自分が相手のことを信じて見守れば、

今度はみんながあなたを見守ってくれます。

そんな空間をつくっていきましょう♪

精神の世界には、「良し悪し」は存在しない

人間はものごとを「良い悪い」で判断しがちです。

しかし精神の世界には、そもそも良い悪いは存在しません。

人間がレッテルをつけているだけなんです。

 

だからわたしは普段、人と話をするときに、それが「良い悪い」の判断では聞かないようにしています。

ネガティブなことやトラブルを聞くこともあります。

でも、“そういうことなんだな”という、ただ「事実」を知るだけ

わたしの価値観はまったく入っていないんです。

離我して生きる

ではどうやったら、良し悪しを判断せず、事実のみを聞けるのか?

それは常に頭から外れる、「離我」していることに尽きます。

だからわたしは、普段からまったく頭が働いていないんです。

すべてのエネルギーが、自分の魂にあります

 

こんなふうに言うと、よく“腑抜けたようになりませんか?力の抜けた状態になりませんか?”と問われます。

でも一切、そんなことはありません。

なぜなら魂も、それ自身で考えて動くことができるからです。

魂だけにエネルギーがあり、魂に重心があり、まったく自分の頭は使っていません。

それでも手足を動かしたり、話したりといった機能にはまったく支障ありません。

 

「考えて行動する」っていうのをすべて魂に委ねているんです。

そして魂が主導で動いています。

これは感覚で習得していただくしかありません。

 

すべての人びとの魂の輝きを見続け、信じ続けて生きていく。

それが人間本来の生きる道だと思うんです。

 

以上、『魂の輝きを信じる』というテーマでお話しいたしました。

ぜひ、「魂の輝き」を信じられる体感をしていただきたい。

そのために、しっかりとアロマ道場で修行していただければと思います。

それでは、今日もすばらしい一日をお過ごしください🍀

最新情報をチェックしよう!
>アロマスピリットコール

アロマスピリットコール

自分とつながり、命あるすべての存在とつながる、“究極のコミュニケーション”を学ぶ場