アイキャッチ

【独立起業したい】会社を辞めるタイミングを見極めるには?

アイキャッチ

*このお話を動画でご覧になりたい方はこちら(YouTube)からどうぞ↓

https://youtu.be/bzyhcAHgMKI

 

こんにちは

カオリンです。

 

今回は「会社を辞めるタイミング」についてお話しします。

 

ということで話をしていきたいと思います自分のことが大事だよ 悩んでる ちゃんと見せて 

 

前回のお話で、「自分の好きなこと・やりたいことで生きていくためには、目標に執着しないことが大事」だとお伝えしました。

その続きのお話。

 

現在、会社員として働きながら、独立を目指している方は、そのタイミングをどうやって見極めていいたらいいのか悩むところでしょう。

 

会社員を辞めるのは家族や生活のこと、経済的なことなど心配も尽きません。

 

でも自分の好きなことで生きていくには、いつか職場を去る決意をしなければいけません。

 

もちろんわたしにも、その決断をしたタイミングがありました。

わたしが当時勤めていた日本赤十字社を辞めたのは7年前でした。

生活に困らないだけのお給料をもらっていたので、それを手放すのは不安でした。

 

ただ辞める2年ほど前から、独立をみすえて準備してきました。

そして自分の技術をひたすら磨いてきたんです。

具体的には、そのとき目指していた速読インストラクターやコミュニケーションの勉強です。

これをひたすら磨きました。

 

そして、それまで経験のなかった「セールス」については、何度も何度もシミュレーションを重ねました。

 

さらにもう1つ、とっても大事なこと。

 

いま自分が抱えている仕事をめちゃくちゃ一所懸命にやったんです。

これが本当に良かったと、今になっても思います。

 

独立を望むようになったころから、目標を決めました。

「これを達成できたら、会社を辞めよう」という。

 

まずは、その部署で与えられていた仕事を完ぺきにやりこなす。

そして同じ会社で働いている人たちが心地よく働ける職場環境(人間関係)をつくる。

せっかくコミュニケーションを深めるべく学んでいたので、それを活かそうとしました。

 

その目標を達成しようとひたすら取りくんでいたら、2年後、ついにそういうときがきました。

「いま、会社を辞めるときだ」と思えるときがきたんです。

自分のやるべきことをやり遂げたので、本当に清々しい気持ちでいました。

 

会社を辞めたいと思ったら、いまやっている仕事までおろそかになちがち。

でもそれって、なかなか踏ん切りがつかず、辞めづらいものです。

だらだら、だらだらと続いて、結局辞められない。

 

自分のやるべきことをやりきることで、同僚からも惜しまれながら、後腐れなく辞めることができます。

その後もその会社の人と交流が続くこともあります。

 

このように、あなたが自分の好きなこと・やりたいことで生きていきたいと思ったら、まずはいまの仕事をしっかりやりきりましょう。

 

アイキャッチ
最新情報をチェックしよう!
>アロマスピリットコール

アロマスピリットコール

自分とつながり、命あるすべての存在とつながる、“究極のコミュニケーション”を学ぶ場